JPMLについて

JPMLとは、2007年10月にDBConsultingにより起案され、ソフトウェア工業化技術を用いたクラウド・ソフトウェア環境の研究プロジェクトです。主に次世代コンテンツ言語、次世代ブラウザ、クラウド・ソフトウェアの運用環境、設計と開発ツールおよび開発管理手法、ワーキング・スタイルなどについて研究開発が行われました。

 JPML【概要】/ JPML Overview  

JPML Hybrid Mobile Platform

JHMPは、各種モバイルOSをサポートするモバイルアプリの開発、運用プラットフォームです。
 JPML©JHMP【概要】/ JPML©JHMP Overview  

BPMN モデリング・ツール / JPML©BPMN Modeller

JPML©BPMN ModellerとはJPMLクラウド研究プロジェクトのビジネスプロセス設計ツールとして開発されました。 JPML©BPMN ModellerはBPMN 2.0標準仕様に準拠し、Process Navigation Modeling UIを採用し、ビジネスプロセスのモデリング作業効率を大幅に向上させることが期待されます。
 JPML©BPMN【概要】/ JPML©BPMN Overview
 JPML©BPMN【モデリング】/ JPML©BPMN Modeller  

JPML©Digram Tool

JPML©Diagramではビジネス文書やプレゼンテーションの作成に必要とされる図形の基本部品を提供します。 簡単なもので言えばフローチャート図やオフィスレイアウト図などである。部品には詳細に変形させる事ができる機能があるため、 それらを応用して効率的に図式化させる。完成した図面は他のJPMLツールとアプリケーションに利用できます。  

JPML©Form Tool

JPMLのサブプロジェクトとして、JPMLアプリケーションの画面設計、イベント開発などプログラミングを行うためのソフトウェアを提供します。    

JPML©ER Tool

JPML©ERとはJPMLデータベース支援ツールとして開発され、データベースの設計からER図生成までデータベース・アプリケーションの開発を支援します。  

JPML©RJDBC Tool

JPML©RJDBCとは、JPMLのサブプロジェクトとして、リモートでJDBCインターフェースを通じて、データベースのアクセスを実現するためのソフトウェアを提供します。  
 
 JPML分散データベース処理  


JPML©Suite Tool

JPML©Suite